尿酸値を下げる薬
避妊ピルは通販が安い   >  避妊ピルを使い分ける

避妊ピルを使い分ける

状況に合わせて避妊ピルを使用する

避妊ピルと聞いて、避妊に失敗したときだけに飲むものだと思っている人もいるのではないでしょうか。

実は、悩む女性が多い生理不順などで治療薬として使われている低用量ピルも、避妊ピルの1つなのです。

簡単に言えば、毎日飲んで避妊するのが低用量ピルで、セックスの後に1回飲んで避妊をするアフターピルといえます。

それだけ聞くと「アフターピルが良い」という人が多いでしょう。しかし、含まれる女性ホルモンの量が違うので副作用にも差が出ます。

低用量ピルはその名の通り、ホルモン量はそれほど多く無いので毎日飲むことでホルモン量をコントロールすることが出来ます。

しかし、アフターピルにはホルモン量が多く含まれているので急激なホルモンの分泌と停止を人工的に起こすのです。

これらの働きから、どちらも避妊効果を得ることが出来ますがホルモン量が多ければ多いほど、普段とのホルモンバランスに違いが出るので吐き気や頭痛などの副作用を起こしやすくなります。

そしてアフターピルの効果には強制的に生理を起こす働きもあることから、その後の生理周期を乱すことにもつながります。

2つの避妊ピルの特徴から、日常的に避妊したい場合には低用量ピルを使用した方が良いと言えるでしょう。

低用量ピルの飲み忘れをしたりコンドームが外れたなどで避妊に失敗した、という緊急の場合に限ってアフターピルを使用すると言った使い分けをすると、身体への負担を減らしながらも避妊はしっかり行えます。

アフターピルの服用後、あまりに生理不順が酷くなったり生理痛が辛くなったことがあれば、低用量ピルでホルモンバランスを整えることもできます。

このように、それぞれの特徴を知れば身体への負担のことを考えながら、避妊ピルを利用できるのです。

ただ避妊する、というのではなく避妊ピルを使い分けることでより安全に避妊することにつながるでしょう。

そのためにもアフターピルは通販で事前に購入しておくことがおすすめなのです。